Kingdom of sweet dreams

 

Blooming Beauty

夢の世界への誘い

フランスで大きな修道院が栄えた中世時代、貴族と文化人は読書だけでなく、大自然を賛美することに夢中になっていました。庭を散歩できない時に、薬草の絵が装飾的に描かれてある時祷書を見ながら植物の特徴を学ぶことは王族の女性たちの嗜みでした。

 

彼女たち に愛用されていた薬草は体を治すだけではなく、心を慰めると信じられていたからです。その中で、乾いた土をデリケートな深い赤色の花びらに変えるポピーは注目を集めました。そしていつしか苦境の中でも落ち着いて物事を楽観的に考え、 美を感じ取るシンボルと見なされました。

 

夜寝る前に暗い考えを無くしてリラックスしたい方におすすめ

Main Ingrédients

(*オーガニック) ローズヒップ*、 ハイビスカス*、 りんご*、ヒナゲシの花*、カモミール*、葡萄のポマース* 、シナモン*

淹れ方

小さじ山盛り一杯 : 100°C : 蒸らし時間4分

1 tea spoon per cup / 4 minutes

Jardin Secret

Coming soon

 

Join my mailing list
  • White Facebook Icon

© 2023 by Going Places. Proudly created with Wix.com